東急池上線池上駅から徒歩1分、東京都大田区の池上総合病院は充実の医療体制でみなさまの健やかな暮らしを支えます

文字サイズ
中
大
背景色
白
青
黄
黒

腎臓内科

診療内容

当院では、総合病院としての利点を生かし、関連する症状や合併症に対応する為、他科との連携体制を強化し、総合的な透析医療に取り組んでおります。

スタッフ紹介

腎臓内科医師一覧

職名 氏名 資格等
腎臓内科副科長
透析室副室長
渡邉 智成 日本腎臓学会専門医
日本透析学会専門医
日本内科学会認定医
順天堂大学医学部非常勤助教(腎・高血圧内科)
医学博士(順天堂大学)
科員 神田 怜生 日本腎臓学会専門医
日本透析学会専門医
日本内科学会認定医
日本総合内科学会専門医
順天堂大学医学部非常勤助教(腎・高血圧内科)
医学博士(順天堂大学)
科員 瓜田 温子 日本腎臓学会専門医
日本内科学会認定医
順天堂大学医学部非常勤助教(腎・高血圧内科)
医学博士(順天堂大学)
科員 関 卓人 日本腎臓学会専門医
日本内科学会認定医
順天堂大学医学部非常勤助教(腎・高血圧内科)
医学博士(順天堂大学)
非常勤 水野 真理  
非常勤 山田 芳 順天堂大学医学部附属順天堂医院 非常勤助教
日本内科学会認定医
非常勤 橘 翔平 昭和大学病院
非常勤 福田 桂 昭和大学病院
非常勤 稲葉 大朗 昭和大学病院
非常勤 藥師川 秋奈 大森赤十字病院

外来担当表

腎臓内科の外来担当表は、下記をの「腎臓内科外来担当表」ご覧ください。

透析スケジュール

透析時間
8:30~
14:00~
17:00~

腎不全保存期

  • 慢性腎臓病(CKD)の対策の重要性

尿検査の異常や腎臓の働きの低下は、かなり進行するまで自覚症状はなく、ある時点で尿毒症や心不全の症状が出現し、透析が必要な状態に進展します。さらに慢性腎臓病は脳卒中や心筋梗塞を合併して生命の危機に直面するリスクが高いため、これを機に全身の精査も視野に必要に応じて他科と連携治療をしていくことが、病気の進展予防に重要です。
慢性腎不全は5段階あり、治療は生活習慣・食生活・血圧の管理を基礎に、その段階に応じた適切な対応を知り、実践していくことで、透析を必要とする時期に直面する事を予防できる可能性があります。食事は当院専属栄養士の指導を繰り返し、認識を深めていきましょう。

  • 常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)

常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)は、近年新たに国の難病指定疾患に含まれ、患者さんは「トルバプタン」という新しい治療薬を内服できるようになりました。これまでに、ADPKDと診断された患者さんやご家族の精査・加療が奨励されています。

VA(バスキュラーアクセス)トラブルに対して

受診後、エコー等の必要な検査を受けていただき、患者様に最適な治療を計画させていただきます。入院加療も可能です。

手術

当院心臓血管外科と連携の下、院内で随時施行中です。

経皮的血管内治療(PTA)について

当院では、最新型の血管造影装置を配備したアンギオ室を保有し、シャント・PTAに対応しております。

このページのトップへ