東急池上線池上駅から徒歩1分、東京都大田区の池上総合病院は充実の医療体制でみなさまの健やかな暮らしを支えます

文字サイズ
中
大
背景色
白
青
黄
黒

放射線科

放射線科の紹介

放射線科とは

放射線科は一般に2部門に分けられます。第1の部門は画像診断部門で、単純X線写真から各種造影検査など比較的一般的な画像検査から、CT・MRI・RI(核医学検査)など最先端診断装置を用いた画像検査診断を行います。画像診断部門は、画像ガイド下で局所手術(IVR:インターベンショナルラジオロジー)を行うという業務も担当します。
第2の部門は放射線治療部門で、放射線を使った侵襲の少ない癌治療を行います。この2つの部門は、非常に高度に専門化しているため、双方の兼任が難しいものです。現在は、高い医療レベルを維持する為、放射線科医師は放射線専門医を取得し、どちらかの部門に専従して働くことが推奨されています。池上総合病院では、放射線治療の装置はまだ導入されていませんので、現在は画像診断部門が稼働中です。

画像診断部門で行われること

X線写真、造影検査、CT、MRI、核医学検査の施行と診断を行います。病院によって超音波検査(エコー)も画像診断部門で行われています。現代の医療は画像診断なくしては成り立ちません。病気の診断に画像は必要不可欠です。良質な画像診断は、医療の質を保証する基本となります。
画像診断部門には、上記の様にIVRという診断と少し離れた仕事があります。血管撮影装置、CT、超音波などで体の中を観察しながら、皮膚から挿入したカテーテルなど細く小さな用具を病巣部まで誘導し、悪性腫瘍や血管病変を治療(手術)するものです。比較的侵襲の少ない手術で、患者様は早期の退院が期待できます。近年非常に多くの手技が開発されています。

画像診断医(画像診断専門医)について

画像診断専門医は医師国家試験合格後、放射線科での教育を含め最低6年間の卒後教育を受け、日本医学放射線学会の専門医試験に合格した医師です。画像診断専門医は、放射線被曝の管理を行う事が出来、MRIの安全管理も行い、各種画像診断の特性と適応を理解し、その検査を行います。更に画像診断に必要な人体解剖や病変に対する知識を持ち、最新の治療の動向にも習熟し、画像診断報告書の作成も行います。
IVR専門医は画像診断専門医取得後、日本インターベンショナルラジオロジー学会のプログラムに沿った修練を行い、その専門医試験に合格した医師です。
池上総合病院では2013年4月より画像診断専門医が常勤となりました。池上総合病院の画像診断専門医は、IVR手技を1万件以上経験したベテランです。画像診断業務のみでなく、臨床各科の医師と協力しIVR手技も行います。

画像診断と支えるスタッフ

放射線科医は、国家資格を持つ診療放射線技師、放射線科看護師、更に複雑な仕事を調整する事務職員とチームを組んで診療を行っています。診療放射線技師は各種画像検査の実際の撮影者で、医師の指示のもとに患者さんの協力を得ながら、放射線被曝を始めとする安全性を管理しつつ、患者様の画像撮影を行います。装置が正常に働くよう、日常的な装置の整備や管理を行うのも診療放射線技師の重要な仕事です。

患者様と放射線科

患者様の主治医が、CTやMRIなどの画像検査の結果を患者様にお伝えしますが、主治医とはいえ、常に全身の画像全てがわかる訳ではありません。この様な時は、画像診断医が依頼で診断報告書を作成します。主治医は自分の意見と放射線診断医の意見を総合して、より確度の高い診断を考え、患者様に説明する事になります。
画像診断医が直接患者様に会う機会は少ないですが、患者様の受ける医療の質を陰から支えている医師がいるのだと御理解下さい。画像診断専門医が常勤で勤務している池上総合病院は、そのような「縁の下の力持ち」のいる病院となりました。
(現行の医療法では、放射線科(画像診断または放射線治療)専門医が不在でも放射線科を診療科として標榜できます。したがって、医療施設に放射線科専門医がいるかいないかは、病院の掲示にそのことが明記されていない限り判断はできません。これからは、患者様が積極的に医療に参加していただく時代です。画像診断専門医が、常勤医として勤務している病院であるか、病院のホームページ等でご確認下さるとありがたいと思います。)

画像で見る放射線科の仕事

  1. 超急性期脳梗塞のMRI診断(図1)
    中央の写真、向かって左の白く光っている部分が脳梗塞です。多くのMRI撮影法の中から患者様の状態から必要と思われる撮影法を選択するのが、画像専門医と診療放射線技師の「腕前」です。DWI(拡散強調画像)と言う撮影法を選び、梗塞の診断を行う事が出来ました。通常の脳梗塞を観察するFLAIR(右の絵)や、ほぼ同時に行われたCT(左の絵)では脳梗塞は全く見えません。検査の適応と検査法を患者様の症状から的確に判断することが重要です。

図1.JPG
※図1

  1. 膝関節損傷のMRI診断(図2)
    転んで膝を捻った患者様です。単純X線写真では病変は良く分かりませんでした。MRI中央の写真T2WI+脂肪抑制で、前十字靭帯の損傷、骨内の挫傷の存在が良く理解できます。左右の他の撮影法でそれ以外の部分も確認しています。至適な撮影法で画像を得ることが、正しい病気の診断に繋がります。
    撮影条件を整備することも画像診断専門医の仕事です。

図2.JPG
※図2

  1. 肝臓癌のTAE:動脈寒栓術による治療(図3、4、5)
    図3:肝臓の殆どが肝癌に犯されています。上段はCTとMRIの画像。下段は血管造影の画像です。肝臓内の、たくさんの丸いものが癌です。

図3.JPG
※図3

図4は、繰り返しTAE:動脈寒栓術を施行している写真です。肝臓癌に向かう動脈を、血管の中から閉塞させることにより、癌の治療を行っています。

図4.JPG
※図4

図5は治療後のCT像です。癌が非常に小さくなっているのが分かります。池上総合病院では、内科系と放射線専門医が協力して、このような癌の治療も行っています。

図5.JPG
※図5

注:これらの写真は池上総合病院の患者様の写真ではありません。池上総合病院勤務の放射線専門医が他の病院で治療に関わり、学会活動などで報告させて頂いた例を掲載しています。写真の様な診断や治療を、池上総合病院で行う事が出来ます。

スタッフ紹介

非常勤医師一覧

氏 名 専 門
鈴木 豊  (すずき ゆたか) 核医学
岩田 智子 (いわた ともこ) 骨盤臓器画像診断
長嶋 礼奈(ながしま れな) 画像診断全般、IVR
金成 良美(かなり よしみ) 画像診断全般
岡崎 隆 (おかざき たかし) 神経系の画像診断

このページのトップへ