東急池上線池上駅から徒歩1分、東京都大田区の池上総合病院は充実の医療体制でみなさまの健やかな暮らしを支えます

文字サイズ
中
大
背景色
白
青
黄
黒

心臓血管外科

診療内容

狭心症に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対する弁形成術、弁置換術などの成人開心術のほか、不整脈の治療、大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など大動脈疾患、末梢血管疾患や下肢静脈瘤などの疾患の治療を行っています。治療方針に関しては循環器内科とのカンファレンスをとおして、個々人にとって最良と考えられる治療法を選択し、情報提供・説明を丁寧に行い、インフォームドコンセント(説明を受けた上での合意)に基づく診療を心がけております。手術を受ける患者様の状態に応じ、大動脈瘤に対するステントグラフト治療や人工心肺を用いないオフポンプ冠動脈バイパス術などの低侵襲手術も行っています。また、14床のCICUをもち、緊急手術にも可能な限り対応しております。
拡張型心筋症、虚血性心筋症などによる心不全に対する左室形成手術「Overlapping法」を開発した前ハートセンター長松居喜郎北海道大学教授が月1回の外来診療・手術を行っております。セカンドオピニオンをお求めの方はお気軽にご相談ください。

 

下肢静脈瘤治療について

足がむくむ・血管が浮き出る、それは『下肢静脈瘤』かもしれません。

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のように膨らんだ状態のことをいいます。

静脈瘤のタイプ・患者さんの状態によって治療法は異なります

kashi003.jpg画像引用元:日本コヴィディエン

下肢静脈瘤の治療は、静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって、保存的療法・硬化療法・手術・血管内治療のどれが最も適切かを医師が判断し行う必要があります。

  • 保存的療法
    生活習慣改善や弾性ストッキング等で症状改善させたり、症状進行の予防を行う
     
  • 硬化療法
    静脈瘤に薬を注射して固める治療
     
  • 手術
    対象の静脈を引き抜くストリッピング手術が代表的
     
  • 血管内治療
    高周波(ラジオ波)またはレーザーを使って血管内治療を行います。これは治療に伴う痛み・発熱・出血などをできるだけ少なくする低侵襲的治療であり、患者さんへの身体的負担も少なく、治療後の回復も早いのが特徴です。
     

■ 当院では高周波アブレーションカテーテル治療も行っています

 

kashi004.jpg当院の血管内治療では専用の高周波アブレーションカテーテル治療機器を使用しております。

この治療の特徴としては

・ 短期間の入院で治療が行える
・ 局所麻酔で行える
・ 傷跡はカテーテルを挿入する小さな開口部のみの為、目立ちにくい
・ 患者さんへの身体的負担が少ない
 


下肢静脈瘤治療について治療・診察をご希望される方は、当院の心臓血管外科外来までお越し下さい。

※足の病変・症状は他の病気でも発症する場合があります
※治療方針、及び、治療に伴う合併症等は担当医師にご相談下さい
 

診療実績

< 2016年度診療実績 >

入院延患者数 2,530名
平均在院日数 29.53日
外来延患者数 2,753名

 

手術実績

2016年度 入院手術実績件数

                   

冠動脈、大動脈バイパス移植術 8件
大動脈瘤切除術 7件
弁形成・置換術 14件
左室形成術 1件
不整脈手術(メイズ手術) 7件
血管移植術、バイパス移植術 7件
下肢静脈瘤、その他静脈瘤手術 32件
ペースメーカー移植術、交換術 1件
ステントグラフト内挿入 7件
人工心肺手術 23件
動脈血管手術 3件
その他の手術 4件

スタッフ紹介

心臓血管外科医師一覧

職名 氏名 資格等
副病院長
心臓血管外科科長
医療監査部医療安全対策課課長
須藤 幸雄 日本胸部外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
心臓血管外科専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施医認定
CICU室室長
心臓血管外科副科長
明石 興彦 日本胸部外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
心臓血管外科専門医
日本医師会認定スポーツ医
日本医師会認定産業医
非常勤 松居 喜郎 北海道大学医学部循環器外科教授
東海大学医学部非常勤教授
心臓血管外科専門医
日本胸部外科学会評議員、指導医
日本外科学会指導医
日本脈管学会評議員
日本ペーシング・電気生理学会評議員
日本人工臓器学会評議員
日本心臓病学会特別正会員(FJCC)
日本心臓血管外科学会国際会員
非常勤 志村 信一郎 東海大学医学部附属病院心臓血管外科准教授
日本外科学会専門医
心臓血管外科専門医
胸部・腹部ステントグラフト指導医
非常勤 布井 啓雄 東邦大学大森病院


 

このページのトップへ