東急池上線池上駅から徒歩1分、東京都大田区の池上総合病院は充実の医療体制でみなさまの健やかな暮らしを支えます

文字サイズ
中
大
背景色
白
青
黄
黒

病院指標の公表

 

平成29年度 医療法人社団 松和会 池上総合病院 指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 45 99 137 247 372 716 1169 1238 457
 
平成29年度の退院患者さんの人数を、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院の総退院患者数は4481人で、昨年の4388人とほぼ同等の結果となっています。
60歳以上の占める割合が全体の約80%、70歳以上でも63.9%と、ご高齢の患者さんが多くを占めています。
比較的若い世代と言われる40歳以下は11.8%でした。
 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

総合内科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 28.00 20.83 1.56 85.73  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 24 17.63 12.34 0.00 84.63  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 10 32.70 19.01 0.00 78.10  
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1なし 副傷病なし 13.96  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 15.12  
 
[ 誤嚥性肺炎 ]
高齢者に多く、飲み込む力が落ちてくると生じてしまう肺炎です。
食事をお休みして点滴や抗生物質治療を行うと一時的に回復されますが、食事を再開すると再度肺炎を生じてしまうことが多いので、嚥下リハビリを行いながら、慎重な対応を要する病気と考えます。
 
[ 腎臓または尿路の感染症 ]
当院では高齢者に多く、膀胱炎から腎盂腎炎等の重症の尿路感染症を治療しています。
時間がたつと敗血症に移行しやすい病気であるため、入院加療で対応します。
膀胱留置バルーン挿入後、点滴加療が中心となります。
 
[ 敗血症 ]
体のどこかの部位に感染(主に細菌)を起こした場合、内臓の働きが急激に低下してしまう、命にかかわる病態です。
高齢者や抵抗力が低下した方に多く、膀胱炎が起因となる場合もあります。
早急な治療開始が必要で、全身管理を要します。

[ 認知症 ]
脳の機能が低下し、記憶力や理解力に問題が起こる病態です。
アルツハイマー病や、脳梗塞などの脳の病気が原因となりますが、同様な症状を呈する多くの病気があり精査します。薬物療法や介護の支援をします。

[ 肺炎等 ]
高齢者の長引く風邪には、肺炎が合併されていることがよくあります。
このような時の肺炎は難治性のことが多いため、呼吸器内科と連携して診療にあたっています。
 

外科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 51 4.08 5.56 0.00 36.90  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 5.09 7.40 0.00 60.20  
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 27 2.96 4.88 0.00 69.33  
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 26 22.23 30.71 0.00 75.96  
060035xx99x40x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 18 3.00 4.38 0.00 78.94  
 
外科では年間約400例の手術を行っています。救急車が多く来院する急性期病院であるため、虫垂炎や胆石症・鼡径ヘルニアといった緊急手術症例が40%を占めますが、もう一つの柱が悪性腫瘍手術です。
年間200例の消化器がん、乳がん手術を行っていますが中でも結腸直腸がん症例が増加しています。
当科の最大の特徴は、腹腔鏡手術を積極的に導入している点です。
患者数TOP5のうち虫垂炎胆石手術は全例腹腔鏡手術を選択、結腸直腸がんは年間80例以上の手術がありますが、75%で腹腔鏡手術を完遂し、高齢患者様にも低侵襲手術を実現しています。
消化器がん症例は、消化器センター(消化器内科および消化器外科がん治療専門医チーム)カンファレンスを行い、科学的根拠に基づいたがん治療を実践しています。
また、肝胆膵高難度手術の多数経験専門医が常勤し、肝臓癌、膵臓胆道癌といった治療困難症例も積極的に手術を行っており、安全で質の高い外科診療を提供しています。
化学療法センターを開設し、すべての悪性腫瘍において、手術のみならず抗癌剤分子標的薬剤を併用した集学的治療にも取り組んでいます。
万が一の再発や、加齢に伴う治療困難な環境に対しても、必ず主治医チームが最後まで治療完結を目指してがんばります。転院率0%は、地元密着の完結治療をしている証であり、私たちの誇りです。
 

整形外科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 108 46.28 27.09 49.07 82.74  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 50 34.34 19.94 30.00 82.52  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 37 6.08 5.21 0.00 62.89  
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 28 6.50 5.54 0.00 53.25  
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 25 20.60 13.35 0.00 70.80  
 
2017年度の当科の患者数は大腿骨近位部骨折が最多であることに変化ありませんが、総数は前年より増加しています。
また2位は前腕骨骨折から脊椎骨折へ入れ替わり、ますます高齢者の脆弱性骨折が増加しています。
前年に引き続き外傷者が約6割を占めていますが、中若年者の関節周囲骨折も多く難易度の高い外傷も積極的に行っております。
尚、変性疾患からスポーツ外傷まで多様な患者様が受診されており、幅広い疾患に対応できることも当科の特徴です。
2次救急の指定施設でありますので、救命医、他科との迅速な連携の上、個々の患者様に最善で安全な医療を提供できるよう努めております。
 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 5.88 7.34 0.00 68.83  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 15.52 9.68 4.76 80.43  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 36.33 19.10 44.44 72.22  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 31.92 16.38 61.54 68.31  
010060x2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病2あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 31.48  
 
脳神経外科では、脳血管障害(脳卒中)、頭部外傷、脳腫瘍など様々な中枢神経系疾患を対象として診療を行い、特に地域の急性期医療に貢献できるよう体制を整えております。
救急外来を有し24時間対応可能なCT、MRI、血管撮影装置を駆使して超急性期の脳卒中や神経外傷の診療を行っております。
従って当科では頭部外傷や脳卒中の症例が多く入院され、適切な治療が行われております。
 

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 11 2.91 3.20 0.00 63.55  
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17.95  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 23.93  
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 23.29  
050080xx015xxx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等15あり 42.09  
 
狭心症に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対する弁形成術、弁置換術などの成人開心術のほか、不整脈の治療、大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など大動脈疾患、末梢血管疾患や下肢静脈瘤などの疾患の治療を行っています。
治療方針に関しては循環器内科とのカンファレンスをとおして、個々人にとって最良と考えられる治療法を選択し、情報提供・説明を丁寧に行い、インフォームドコンセント(説明を受けた上での合意)に基づく診療を心がけております。
手術を受ける患者さんの状態に応じ、大動脈瘤に対するステントグラフト治療や人工心肺を用いないオフポンプ冠動脈バイパス術などの低侵襲手術も行っています。また、14床のCICUをもち、緊急手術にも可能な限り対応しております。
拡張型心筋症、虚血性心筋症などによる心不全に対する左室形成手術「Overlapping法」を開発した前ハートセンター長松居喜郎北海道大学教授が月1回の外来診療・手術を行っております。
セカンドオピニオンをお求めの方はお気軽にご相談ください。
 

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 25 7.76 5.15 0.00 65.00  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 19 5.95 5.48 5.26 27.47  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 9.18  
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし 8.14  
 
 
中枢性疾患を除いた末梢前庭性めまいに関しては、早期入院加療の上、リハビリテーションを早期に行っています。
生活指導を行い、外来経過観察につないでいます。
急性扁桃炎に関しては重症度に応じ、必要なときは連携施設に協力要請を行い、迅速な対応を行っています。
 

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 30.93 16.38 42.86 71.86  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 18.34  
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.66  
010060x2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病2あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 31.48  
010155xxxxx10x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等21あり 副傷病なし 18.64  
 
2017年度の神経内科の入院は、脳梗塞、パーキンソン病、運動ニューロン疾患の入院が多数を占めました。
脳梗塞は脳に血液を送る動脈の閉塞により起こる病気です。意識障害、言語障害、手足の麻痺、高次脳機能障害などの症状が様々な組み合わせと重症度で出現します。
症状の多様性だけではなく発症の機序にも多様性があります。
このため、入院後は薬物療法を施行しつつ病型分類のための検査を必要に応じて行います。
頭部MRI、頚動脈エコー、心エコー、24時間心電図などを行うとともに、症状によっては脳血流検査、脳波などの検査を施行することもあります。
これらの検査の結果をもとに適切な再発予防のアプローチを行っていくことになります。
リハビリテーションに関しては、入院早期よりの導入を行い予後の改善を目標に取り組んでおります。
症状に応じて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が担当しリハビリを行うことになります。
長期に渡るリハビリが必要な場合には、リハビリ病院への転院が必要になります。
パーキンソン病の入院は、薬物コントロールとリハビリにより機能改善を目的として行われます。
機能低下に関係する合併症の検索なども必要に応じて行うことがあります。
運動ニューロン疾患の入院は、レスパイト入院によるものです(レスパイトとは休息といった意味です)。
これは東京が行っている在宅難病患者一時入院によるもので、介護者が病気や事故等の理由により一時的に介護ができなくなった場合に短期間の入院ができるように行われているものです。
 

泌尿器科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 31 6.90 7.31 0.00 73.45  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 16 6.25 7.20 0.00 71.44  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 10 10.50 5.75 0.00 72.30  
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 10 3.80 5.17 0.00 76.40  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.34  
 
膀胱癌は泌尿器科が取り扱う癌の中では前立腺癌についで多い癌となっています。
早期であれば内視鏡手術で対応が可能ですが、再発も多く入院患者数はTOPとなっています。
当院では抗癌剤を膀胱内に注入するなど再発予防に力を注いでいます。
また定期検査(膀胱内視鏡)をこまめに行い再発したとしても早期発見に努めています。
腎盂腎炎や前立腺炎など発熱性の尿路感染症に対しては、必要であれば入院にて抗生剤点滴、輸液、安静臥床等の治療を行っています。
悪性腫瘍に伴う尿管狭窄や、尿管結石による水腎症に対して、尿管ステント留置等の処置を行っています。
 

循環器内科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 147 2.61 3.03 0.00 70.55  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 125 3.89 4.62 0.00 70.22  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 20.59 17.71 0.00 82.75  
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 47 5.64 5.30 0.00 66.66  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 7.76 11.21 0.00 82.72  
 
循環器内科で取り扱う疾患は多岐に渡りますが、もっとも頻度が高い治療対象群として、虚血性心疾患、弁膜疾患、そして慢性心不全を挙げることができます。
心筋は、一日に10万拍程度の収縮と弛緩を行い、全身循環ポンプとして一時とも休むことなく働いており、潤沢な血液の供給を受けることが必要になります。
心筋の栄養血管である冠動脈に、動脈硬化病変が進行していくと、その血流が滞り血液供給が低下することにより、虚血性心疾患に陥ります。
心筋虚血は、冠動脈血流低下により、運動量の増加時に限って胸痛が出現する労作性狭心症から、血栓の形成を伴って冠動脈血流が完全に途絶することによる
心筋に壊死が生ずる心筋梗塞に至るまで、多彩な病態を示します。
 

糖尿病内科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 15 9.33 11.16 0.00 58.07  
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 14 9.86 12.07 0.00 56.14  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 22.55 13.57 0.00 62.27  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 5.76  
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 14.27  
 
[ 2型糖尿病 ]
当院では糖尿病の教育入院をパスで行っています。基本的には9泊10日~12泊13日までをパスで運用しています。
入院中には合併症の評価と食事療法を行いつつ糖尿病教室を受講していただきます。
また必要に応じて投薬調節やインスリン指導も行っています。
 
[ 糖尿病性ケトアシドーシス ]
ケトアシドーシスや高血糖高浸透圧症候群の場合、急性期治療としては輸液+インスリン持続点滴投与を行い、全身状態改善後に経口摂取を再開し、経口血糖降下薬や必要に応じてインスリン注射を導入しています。
認知症のためインスリン自己注射が困難な症例もあり、その場合には家族にインスリン注射手技指導を行ったり社会調整を行っています。
 
[ 副腎皮質機能亢進症 ]
外来にて、低カリウム血症や高血圧の原因精査として内分泌基礎検査を実施しています。
また、副腎偶発種に対しても内分泌基礎検査を実施しています。
それらの検査にて、原発性アルドステロン症やクッシング症候群が疑われた患者に対して、入院による負荷試験を行っています。
原発性アルドステロン症疑いに対しては、生理食塩水負荷試験・フロセミド立位試験・カプトリル負荷試験を実施しており、クッシング症候群疑いに対しては外来で1mgデキサメタゾン抑制試験を実施後、入院でコルチゾール日内変動、8mgデキサメタゾン抑制試験、CRH負荷試験、ACTH負荷試験を実施しています。
 

腎臓内科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 32.91 12.23 18.18 74.73  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 8.50  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17.71  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 36.38  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 14.55  
 
慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease : CKD)は、加齢、糖尿病、慢性腎炎症候群、高血圧・動脈硬化、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎、結石、膠原病などの自己免疫疾患、薬の副作用などで生じます。
2005年の調査では、わが国の成人人口の12.9%、1330万人がCKDと推測されています。
CKDの治療は、①生活習慣の改善(禁煙や肥満の解消など)、②食事指導(食塩・たんぱく質制限など)、③高血圧の治療、④尿たんぱく・尿アルブミンを減らす、⑤糖尿病の治療、⑥脂質異常症(血液中のコレステロールや中性脂肪が高い)の治療、⑦貧血の治療、⑧骨やミネラル代謝異常の治療、⑨高尿酸血症の治療、⑩尿毒症毒素に対する治療があげられます。
CKDの原因が明らかであれば、その治療を併せて行います。
このように、多くの視点から治療を行うことを集学的治療と言います。
ご自身の腎臓のはたらきでは生活が困難なほど進行すると、透析や腎移植などの治療(腎代替療法)を行います。
 

消化器内科

DPCコード DPC名称
者数
平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 12.84 10.61 0.00 76.78  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 23.88 20.83 5.08 84.51  
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 7.31 7.39 3.92 67.06  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 6.27 7.87 0.00 71.30  
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 25 7.04 7.27 0.00 55.52  
 
消化器内科では、食道から大腸に至る消化管および肝臓、胆嚢・胆管、膵臓疾患の診断・治療に力を入れております。
日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本消化管学会の指導施設であり、専門性の高い診療を行っております。
主な対象疾患は、ヘリコバクター感染胃炎、消化管出血、消化性潰瘍、感染性腸炎、大腸憩室症、炎症性腸疾患、急性・慢性肝炎、肝硬変、胆嚢炎、胆管炎、急性・慢性膵炎、胆道結石症、その他の消化器腫瘍、各種癌、機能性胃腸症など、消化器疾患すべてを診療しております。
最近は、胆石症、総胆管結石症、肝胆膵の腫瘍病変も多く、それに伴い肝・膵処置も増加しています。
 
 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 18 1 7
大腸癌 13 23 100 1 7
乳癌 13 12 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7

 

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって、各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
2017年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
また、Stageが「不明」の症例が見受けられますが、これは検査入院症例も取り扱っているためで、退院時に検査結果が明らかでないものは「不明」件数に含まれます。
 

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 8.69 49.77
中等症 93 16.43 82.59
重症 22 19.23 88.73
超重症
不明
 
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎であって、市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者さんが対象となります。
これを日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドライン、肺炎重症度分類の定義に基づき、入院時の状態から重傷度を決定し、重傷度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
当院では、中等症が最も多い傾向にあります。
また、肺炎の治療を受けられるご高齢の患者さんは増加しており、その大半が誤嚥性肺炎ですが、誤嚥性肺炎はこの指標の対象疾患には入っていないため総件数が少なくなっています。
 

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 104 40.42 76.34 40.1878
その他
 
「ICD10」とは、International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した傷病に関する分類です。
これらは、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
当院では24時間体制の救急外来より超急性期の脳梗塞、頭部外傷を受け入れ24時間稼働のCTスキャン、MRI装置、脳血管撮影装置を駆使して迅速な治療を行っており、発症超急性期の血栓溶解療法も施行可能です。
また、血管内治療専門医が常駐しており、未破裂脳動脈瘤やその他の動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対する動脈瘤塞栓術を行っております。
脳梗塞の原因となる頸動脈の狭窄に対しても血管内治療(頸動脈ステント術)を行っております。
 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

 

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 1.46 4.14 0.00 62.39  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 52 0.21 2.85 0.00 36.56  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 42 0.12 2.29 0.00 61.64  
K6335 鼠径ヘルニア手術 35 0.49 2.43 0.00 64.83  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 4.10 16.50 0.00 76.10  
 
外科では年間約400例の手術を行っています。
救急車が多く来院する急性期病院であるため、胆石胆のう炎・虫垂炎や鼡径ヘルニアといった緊急手術や小手術が40%を占めますが、もう一つの柱が悪性腫瘍手術です。
年間200例の消化器がん、乳がん手術を行っています。
当科の最大の特徴は、胆石・虫垂炎・鼡径ヘルニアといった良性疾患から悪性疾患まで腹腔鏡手術を積極的に導入している点です。
胃がん結腸直腸がんは年間120例以上がありますが、75%で腹腔鏡手術を完遂し、90歳以上の超高齢患者様にも低侵襲手術を
実現しています。
消化器がん症例は、消化器センター(消化器内科および消化器外科がん治療専門医チーム)で十分にカンファレンスを行い、科学的根拠に基づいたがん外科治療を実践しています。
また、肝胆膵臓器悪性腫瘍に対しても高難度手術多症例経験者が常勤し、肝臓癌、膵癌胆道癌といった治療困難症例も積極的に手術を行っており、大学病院等の大病院に負けない、安全で質の高い外科手術を提供しております。
 

整形外科

Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 104 3.67 32.80 33.65 79.34  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 68 1.81 13.32 4.41 64.21  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 51 7.45 41.71 50.98 82.55  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 31 0.39 1.35 0.00 48.42  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),
足,指(手,足)その他)
29 1.76 8.97 6.90 53.17  
 
2017年度の手術件数は前年から人工骨頭挿入術が減少し、骨折観血的手術が増加しており、大腿骨近位部骨折の内訳が変化しております。いずれにしても、高齢者の脆弱性骨折(大腿近位部骨折や橈骨遠位端骨折、上腕骨近位端骨折)が6割を占める傾向は継続しています。
どの骨折型も早期により低侵襲な手術を行い、早期離床を図り併発症の予防に取り組み、予後を改善することを第一義としております。
また、脊椎関連、関節鏡視下手術がいずれも1割程度を占め、人工関節置換術が月に1~2件行っており変性疾患からスポーツ外傷まで幅広く対応できます。
未曽有の高齢化社会となり加齢に伴う身体機能障害を認識し早期に介入することが重要となっており、2次救急を併設している当院では救命医、他科との迅速な連携の上、個々の患者様に最善で安全な医療を提供できるよう努めております。
 

脳神経外科

Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 3.04 32.41 3.70 77.63  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 10 8.00 14.60 30.00 73.40  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)  
K1781 脳血管内手術(1箇所)  
 
脳神経外科で扱う手術症例として多いものは、慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫洗浄術です。
これは頭部打撲の1~2ヶ月後に頭痛、歩行障害、認知機能低下などで発症する高齢の方に多い病気で、基本的には局所麻酔下での手術(穿頭血腫洗浄術)となります。
約1週間程度の入院治療となります。高齢者に多い疾患でも有り地域柄この疾患に対する手術例が多くなっております。
その他脳梗塞の原因となる頸動脈の狭窄(血管が細くなる)に対する頸動脈ステント術も行っております。
この血管内治療は、適応を十分に検討した上で施行する必要がありますが、開頭術より痛みが少なく社会復帰が早いのが特徴となります。
 

心臓血管外科

Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 11 0.73 1.18 0.00 63.55  
K5551 弁置換術(1弁)  
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)  
K5541 弁形成術(1弁)  
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの))  
 
狭心症に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対する弁形成術、弁置換術などの成人開心術のほか、不整脈の治療、大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など大動脈疾患、末梢血管疾患や下肢静脈瘤などの疾患の治療を行っています。
治療方針に関しては、循環器内科とのカンファレンスをとおして、個々人にとって最良と考えられる治療法を選択し、情報提供・説明を丁寧に行い、インフォームドコンセント(説明を受けた上での合意)に基づく診療を心がけております。
手術を受ける患者さんの状態に応じ、大動脈瘤に対するステントグラフト治療や人工心肺を用いないオフポンプ冠動脈バイパス術などの低侵襲手術も行っています。また、14床のCICUをもち、緊急手術にも可能な限り対応しております。
拡張型心筋症、虚血性心筋症などによる心不全に対する左室形成手術「Overlapping法」を開発した前ハートセンター長松居喜郎北海道大学教授が月1回の外来診療・手術を行っております。
セカンドオピニオンをお求めの方はお気軽にご相談ください。
 

眼科

Kコード 名称
者数
平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 150 0.00 1.14 0.00 76.98  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)  
K2193 眼瞼下垂症手術(その他)  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(縫着レンズを挿入するもの)
 
 
当科における2017年度の手術件数は、406件(硝子体注射・硝子体注入術を除く)であり、そのうち白内障に対する水晶体再建術364件でした。
水晶体再建術のうち入院が152件、外来が212件であり、近年日帰り手術を選択される方が増加傾向です。
 

泌尿器科

Kコード 名称
者数
平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 33 1.15 4.76 0.00 73.67  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 1.07 5.86 0.00 70.83  
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 11 3.36 6.45 0.00 74.00  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術  
K843 前立腺悪性腫瘍手術  
 
膀胱癌の経尿道的手術:表在性の膀胱癌に対しては内視鏡手術を行っています。
切除用内視鏡を膀胱内に挿入し、先端の電気メスで腫瘍を切除します。
当院では電解質溶液を灌流液として使用するため、合併症が少ないといった利点があります。
経尿道的尿管ステント留置術および経尿道的尿路結石除去術:発熱を伴う尿管結石症の患者に対しては、ドレナージ目的に尿管ステントを留置するなど緊急対応も可能な限り行っています。
尿路結石に対して内視鏡治療にも力を入れており、2016年度から内視鏡下の結石破砕機器を導入し、自然排石困難な尿管結石に対しては積極的に治療を行っています。
腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術:腎にできた悪性腫瘍に対しては可能な限り腹腔鏡にて手術を行っています。
腫瘍のサイズが大きな場合は全摘することが多いですが、サイズが4cm以下など比較的小さな腫瘍に対しては腎温存手術(腫瘍のみを切除し腎は温存する)を行うこともあります。
 

循環器内科

Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 143 3.11 5.54 0.00 71.41  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 36 1.47 4.75 0.00 73.86  
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術
(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)
35 0.40 4.11 0.00 66.00  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 26 0.65 19.96 0.00 71.23  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 22 5.36 11.23 4.55 83.05  
 
現在は、カテーテル治療が虚血性心疾患治療の主体を担っております。
カテーテルは、細い径の管状の医療器材の総称であり、手首や大腿の付け根を走行する動脈に挿入して、冠動脈に到達させることにより、精密な血管造影や血管の通り道(内腔)の形成術を行うことを可能にしております。
近年のカテーテル治療の進歩は目覚ましく、多種多様の器材にはじまり血管形成を目的として血管内に留置される金属ステントの性能の向上にも著しいものがあります。
当院では、最新の医療器材を適確に駆使することにより、複雑で難度が高い冠動脈疾患に対しても、最善のカテーテル治療を施すことにより対応しております。
局所麻酔下の施術であり、体に対する負担も最小限に留めることができて、短期間の入院で治療を完結させることにより、早期に職場にまた日常生活に復帰することが可能であります。
さらに、心臓内の重要な構造物として、心臓内の血流が一方向に保たれるように、一方向にしか開かない逆流防止のドアとして、弁膜が存在します。
高齢者や透析患者のなかには、弁膜の変性が進行して、その開閉が妨げられることにより心臓内の血液の移動が滞って、心臓のポンプ機能が著しく低下して心不全を生ずる弁膜疾患の患者が急増しております。
当院では、種々のカテーテル、とくに特殊な弁膜治療用バルーンカテーテルを駆使することにより、外科的治療の適用が難しい全身状態に制限がある患者群に対しても、弁膜機能の改善を図って、心不全症状の十分なコントロールに役立てるようにしております。
とくに弁膜バルーンカテーテル治療については、我が国における先駆的指導的な立場から、重症かつ複雑な臨床背景をもつ弁膜症心不全患者の治療に積極的に取り組んでおり、諸施設から高くご評価頂いております。
 

腎臓内科

Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 21 56.14 88.52 4.76 71.19  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術  
K608-3 内シャント血栓除去術  
 
血液透析とは、血液ポンプを用いて血液を体外にとり出し、これを浄化する部分である透析器(ダイアライザー)に誘導して、老廃物および水分を取り除いた後に、再び体に戻す操作を連続して行います。
この治療を続けるために、透析施設へ通常週3回通院します。1回の透析には4~5時間が必要です。
血液透析のためのシャント(動脈と静脈の吻合)造設術について、血液透析を行うには、まずシャントが必要となります。
シャントとは、静脈を動脈に縫い合わせて繋ぐことにより、動脈血を直接静脈に流す手術です。
経皮的血管形成術(PTA)について、透析シャント血管は、狭くなったり、詰まったりすることがあります。
この場合にバルーンカテーテル(カテーテルの先端に小さな風船がついたもの)を使って内側から拡張する治療のことです。
これによって現在使用しているシャントを長持ちさせることができます。
当院は可能な限り今あるシャントを長期間使用する方針で、日頃から透析室のスタッフがシャント音や静脈圧を見ています。
また、シャント造影による狭窄の確認も行っており、閉塞する前に効果的にPTA治療を行うことができます。
 

消化器内科

Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 61 2.00 15.00 0.00 75.48  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 56 3.55 4.48 1.79 72.14  
K654 内視鏡的消化管止血術 34 0.38 13.32 0.00 73.47  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 17 2.18 21.59 11.76 72.88  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 15 1.67 6.73 0.00 71.27  
 
当院の特徴として、食道、胃、大腸の早期がんに対しては積極的に内視鏡切除術(EMR/ESD)を施行しております。
また、外科と協力してのLECS(Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery;腹腔鏡・内視鏡合同手術)にも取り組み、小腸疾患に関してもダブルバルーン小腸内視鏡・カプセル内視鏡を用いて診断・治療を行っています。
救急診療施設としての性格上、緊急内視鏡的止血術をはじめ、肝胆道系疾患に対しても診断・治療を積極的に行っています。
胆石症、総胆管結石症、肝胆膵の腫瘍性病変も多く、胆道の検査・処置も増加しています。
 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 28 0.62
異なる 55 1.23
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
 
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
また、さまざまな感染症などから血液に病原菌が入り、敗血症になることがあります。
手術・術後の合併症は、術創部の感染により引き起こされるものがあります。
 

更新履歴

2016/09/30
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。
2017/09/29
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2018/09/27
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。

このページのトップへ